特許申請法、商標等の知的財産権講座と弁理士等資格取得教育

特許教育館
お問い合わせ
HOME > 発明実務 > 利益を折半にする商品化契約解説セミナー<通学>
特許実務↓【通信講座】
・発明成功の秘訣セミナー<通信>
・売り込み&商品化契約セミナー<通信>
・学習教材・教具のアイデア成功塾<通信>
・商品販売ノウハウ入門セミナー<通信>
・商品流通通信道場(一括受講)<通信>
・商品流通通信道場(単発受講)<通信>
特許実務↓【通学講座】
・シリコーン型による型取り発明試作セミナー<通学>
・発明の売り込み方と商品化契約方法講座(通学)
・先輩発明家の商品化体験談セミナー<通学>
・発明超初心者セミナー<通学>
・発明初心者トワイライトセミナー<通学>
・先輩発明家の事業化体験談セミナー<通学>
・先使用権活用セミナー<通学>
・数字から学ぶ発明セミナー<通学>
・商品化してあれば模倣品に対抗できる方法セミナー<通学>
・銀粘土でシルバーペンダントを作ろうセミナー<通学>
・アイデア商品を売る会社を作って商売を始める方法<通学>
・熱線糸のこ活用セミナー<通学>
・だれでもできる出版セミナー<通学>
・鈴木未夏子のコンクール応募用紙作成セミナー<通学>
・実践クラウドファンディングセミナー<通学>
・2時間でわかる!『ペライチ』 で作るかんたんホームページセミナー<通学>
・あなたを効果的に売り込む、最強の名刺の作り方セミナー<通学>
・利益を折半にする商品化契約解説セミナー<通学>
特許実務 講座の詳細
利益を折半にする商品化契約解説セミナー<通学>

詳細

通学・通信種別 通学
講座要約 【こんな方におススメ】
・自分のアイデアを自分で商品化したいと考えている方
・製品化はできても自分には販路が無くて困っている方
・自分で商品化して大きな利益を得たい方
・卸値の3%で結ぶロイヤリティ契約は魅力が無く感じる方
・商品は自分で作るから、販路拡大だけお願いしたい方
・リスクは最小限利益は最大限で商品化したい方

【講座概要】

発明学会会員寺澤さんは、「昭和ワールドコーポレーション」のミニコンに応募。審査の結果、遠藤さんは、商品化したら売れそうな商品であると判断しました。
遠藤さんは、寺澤さんに
 1 卸値の3%のロイヤリティ契約での商品化
 2 利益を折半する契約での商品化
のどちらを希望するか?という二つの提案をしました。

遠藤さんは、本誌右記の表のとおり、それぞれのメリットやデメリットを説明し、どちらを選ぶか尋ねました。もともと、自分で商品化に挑戦したいと思っていた寺澤さんは、「2 利益折半契約での商品化」を選択しました。

以後、製造やコストを抑えるノウハウが無い寺澤さんは、遠藤さんのアドバイスを受けながら、コストやリスクをできるだけ抑える工夫を繰り返し、準備にめどがついた段階で、「商品量産」「パッケージ作成」「封入」等の製造に踏み切りました。

遠藤さんは、ホームセンターやデパートに『カブトキャッチャー』を扱ってもらうため、営業を開始。遠藤さんの会社「昭和ワールドコーポレーション」と、もともと取引があった問屋だけでなく、全国の小売店で販売できるよう、あらたな問屋への営業に奔走。加えて、マスコミを利用した宣伝のために、テレビ局にも売り込みをして、放送も無事されました。

遠藤さんによる猛烈販促の結果、福島県全店のホームセンター「コメリ」に商品が並び、販売できることに!

そして、2020年からは、全国主要80店舗の「イトーヨーカドー」でも販売されることが決定!
できるだけコストが少なくて、負担のない投資でできる商品なら、自分で商品化する方法もあるのです!
あなたも挑戦してみませんか?

≪卸値400円(原価200円、利益200円)の商品が10万個売れた場合の比較≫

1 卸値の3%のロイヤリティ契約での商品化の場合

発明者の利益 120万円
(1個あたり12円(400円の3%)×10万個)

メリット
・リスクは企業負担

デメリット
・得られる金額が少ない

2 利益を折半する契約での商品化の場合

発明者の利益 1000万円
(1個当たり100円(利益200円を折半)×10万個)

メリット
・得られる金額が多い
・遠藤さんが営業販促を担当するため、営業面での負担がない

デメリット
・自分で商品製造、在庫管理が必要となる

カリキュラム ・自分で売りたい人のための「利益を出すために必要な基礎知識」
・店頭に並んだ『カブトキャッチャー』の採用と成功例
・テレビで商品を宣伝する方法
・新商品をバイヤーに売り込む際のコツ
・ペットショップへの納品、季節商品は返品が条件
・当社と利益を折半にする新しい契約とその事例
メッセージ
受講生の声 受講生名:新規講座
新規講座
講師から 講師名:遠藤 伸一 先生(昭和ワールドコーポレーション 代表)
魚の内臓を取る調理器具『ぐるぐるとって』を発明し、自分で商品化した実績をを持つ。突撃精神で、ホームセンターやテレビ局へ猛烈売り込みを行い、ゼロから、バイヤーとの取引やテレビ局とのルートを自身で開拓。現在は、発明学会会員から採用して、発明家を応援する側にまわって、奮闘中!
日数・料金
開催日 2020年2月22日(土)
13:00〜16:00
セミナー終了後の懇親会(自由参加)16:30〜17:30
受講日数  半日
会場  東京都 新宿区 発明学会ビル3F
地図
定員  60名
受講料  一般: 8,000円
 同時入会: 22,000円
 会員・セミナー生: 4,000円
↑ページTOPへ




一般社団法人 発明学会  〒162-0055 東京都新宿区余丁町(よちょうまち)7番1号
TEL:03-5366-8811  FAX:03-5366-8495
Copyright (C) 2004-2013 Hatsumeigakkai All Rights Reserved.